トピックス / Topics

「平成27年度 信州大学教育学部 図画工作・美術教育コース 絵画研究室、構成・デザイン研究室 研究成果発表展」のお知らせ

平成27年度 絵画研究室、構成・デザイン研究室の学生による成果をご覧下さい。

展覧会情報
展覧会:平成27年度 信州大学教育学部 図画工作・美術教育コース
    絵画研究室、構成・デザイン研究室 研究成果発表展
会 期:2016年4月16日(土)ー28日(日)
時 間:10:00ー19:00 | 16-17日、23-24日
    08:45ー22:00 | 18-22日、25-28日
    (最終日28日の展示は18時まで)
場 所:信州大学附属区図書館 中央図書館

「信州大学教育学部 図画工作・美術教育コース 卒業記念展覧会」のお知らせ

平成27年度 図画工作・美術教育コースの卒業生による卒業研究の成果をご覧下さい。

展覧会情報
展覧会:平成27年度 信州大学教育学部 図画工作・美術教育コース
    卒業記念展覧会
会 期:2016年3月2日ー6日、8日(7日は休館日)
時 間:9:00ー18:00(最終日は9:00ー16:00)
場 所:ホクト文化ホール1Fギャラリー
主 催:信州大学教育学部

展覧会のお知らせ 「間島 秀徳 展 -Cosmic Water-」

間島秀徳教授が平成27年9月19日(土)から平成28年3月16日(水)まで河口湖ミューズ館 与 勇輝館にて個展を開催しています。

展覧会情報
展覧会  間島 秀徳 展 -Cosmic Water-
会  期 平成27年9月19日(土)から平成28年3月16日(水)

展覧会のお知らせ 「6つの個展 2015」

間島秀徳教授が平成27年9月5日(土)から10月18日(日)まで茨城県近代美術館で展覧会を開催しています。

展覧会情報
展覧会  6つの個展 2015
会  期 平成27年9月5日(土)から10月18日(日)
開館時間 午前9時30分から午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日  毎週月曜日
     ※ただし9月21日(月祝)・10月12日(月祝)は開館、          9月24日(木)・10月13日は休館

H27 7月20日(月)2015信州大学 教育学部オープンキャンパス

学生によるコース説明の様子

2015年7月20日(月)信州大学教育学部(長野キャンパス)にてオープンキャンパスが行われました。
図画工作・美術教育コースでは、教員と学生によるコースの説明と実習室などの施設紹介を行いました。

Photo

教員受賞のお知らせ

小野 文子 准教授が監修・企画構成した「ホイッスラー展」が第3回ジャポニスム学会展覧会賞を受賞しました。
詳しい情報はこちら

新任教員(絵画分野)着任のお知らせ

2015年4月1日に図画工作・美術教育コース 新任教員(絵画分野)として、間島秀徳 教授が着任いたしました。

7月12日(土)〜8月24日(日) 信州大学×長野県信濃美術館コラボ展

2013年に結ばれた信州大学と長野県信濃美術館との連携に関する覚書に基づいて、信州大学と長野県信濃美術館が所蔵する作品によりコラボレーション(共同企画)展が実現しました。
詳しい情報はこちら

「平成25年度 信州大学教育学部図画工作・美術教育コース 研究成果発表展」のお知らせ

図画工作・美術教育コースの日頃の活動成果をご覧下さい。

平成25年度 信州大学教育学部図画工作・美術教育コース 研究成果発表展
会  期 2014年2月25日(火)〜3月2日(日)
開館時間 9:30 - 17:30
観覧料  無料
会  場 信濃教育博物館(信濃教育会館1F)

お問い合わせ
TEL: 026-238-4143
Mail: finearts-exhibition[@]shinshu-u.ac.jp ※[@]を@に置き換えて下さい。
主催 信州大学教育学部 図画工作・美術教育コース

「信州大学教育学部美術教育分野 卒業記念展覧会」のお知らせ

信州大学教育学部美術教育分野 平成25年度卒業生の卒業研究の成果をご覧下さい。

信州大学教育学部美術教育分野 卒業記念展覧会
会  期 2014年2月13日(木)〜2月25日(火)
開館時間 9:00 - 17:00(※入館は16:30まで)
     入場無料
会  場 長野県信濃美術館 本館ロビー
主  催 信州大学 長野県 長野県信濃美術館

お問い合わせ
TEL: 026-238-4011
Mail: edukoho[@]shinshu-u.ac.jp ※[@]を@に置き換えて下さい。

「上越教育大学・信州大学・群馬大学 彫刻研究室合同展覧会」のお知らせ

10月12日より、ライオン像の建物にて上越教育大学・信州大学・群馬大学の彫刻研究室による合同展覧会を行う運びとなりました。
展覧会情報は次の通りです。

「上越教育大学・信州大学・群馬大学 彫刻研究室合同展覧会」
会期 10月12日(金)〜18日(木)9:00〜16:00
会場 ライオン像の建物(旧直江津銀行)
(新潟県上越市中央3丁目7-31)

平成25年度 教育学部 図画工作・美術教育コース
第1回高校生講座「初級デッサン」のお知らせ

平成25年度教育学部 図画工作・美術教育コース 高校生講座「初級デッサン」のお知らせ

信州大学教育学部図画工作・美術教育コースでは、高校生を対象とした公開講座「初級鉛筆デッサン」を開講します。 鉛筆の削り方からモチーフの捉え方などデッサン基礎を丁寧に指導します。基本的デッサン力を養うとともに、より専門的な美術の学びを体験できます。

講 座 名:「初級鉛筆デッサン」
講   師:猪瀬昌延 准教授
対  象:高校生 定員20名(申込受付順)
場  所:信州大学長野キャンパス(教育学部:長野市西長野)
     絵画実習室N106(北校舎1F)
日  程:2013年6月29日(土)11:00-16:00
     お申込み〆切り 2103年6月21日 (金)
持 ち 物:鉛筆デッサン用具・昼食(近くに昼食をとるお店はありませんのでご持参ください。)
※画板・イーゼルは本学で準備します。

参加費用:1,000円
参加費用には、次の画材・モチーフ費、保険料が含まれています。
教材:キャンバスバック、画用紙、モチーフ
※使用したモチーフはお持ち帰りいただけます。

お申し込みをご希望される方はコチラ

北校舎改修完了

イベントイメージ

北校舎の耐震改修工事が完了しました。 これまで3階と1階に分かれていた絵画・彫刻・工芸・デザインの実習室は1階に集約され、より研究・制作活動が行いやすい環境となりました。 演習室や資料室は2階です。

↓詳細の表示
  • 他アングルからの北校舎の様子。

Photo

「平成24年度 信州大学教育学部図画工作・美術教育コース 研究成果発表展」のお知らせ

本展覧会は、図画工作・美術教育コースに所属する学生の授業課題、ゼミ活動、プロジェクトの成果物を中心に展示します。
図画工作・美術教育コースの日頃の活動を是非ご覧下さい。

平成24年度 信州大学教育学部図画工作・美術教育コース 研究成果発表展
会  期 2013年2月19日(火)〜2月24日(日)
開館時間 9:30 - 17:30
観覧料  無料
会  場 信濃教育博物館(信濃教育会館1F)

お問い合わせ
TEL: 026-238-4143
Mail: finearts-exhibition[@]shinshu-u.ac.jp ※[@]を@に置き換えて下さい。
主催 信州大学教育学部 図画工作・美術教育コース

「上越教育大学・信州大学・群馬大学 彫刻研究室合同展覧会」のお知らせ

10月12日より、ライオン像の建物にて上越教育大学・信州大学・群馬大学の彫刻研究室による合同展覧会を行う運びとなりました。
展覧会情報は次の通りです。

「上越教育大学・信州大学・群馬大学 彫刻研究室合同展覧会」
会期 10月12日(金)〜18日(木)9:00〜16:00
会場 ライオン像の建物(旧直江津銀行)
(新潟県上越市中央3丁目7-31)

H24 6月9日(土)平成24年度 高校生講座「静物を描く」を行いました。

イベントイメージ

2012年6月9日(土)信州大学教育学部(長野キャンパス)にて静物をモチーフとしたデッサンの高校生講座を開講しました。
静物画およびデザインにおけるデッサンの必要性についてのレクチャとデッサンの実技指導を行いました。
昨年度に引き続き、遠方からの参加者もあり盛況のうち終了しました。

↓詳細の表示
  • 当日の公開講座の様子はこちら。

Photo

平成24年度 教育学部 図画工作・美術教育コース 高校生講座「静物を描く」のお知らせ

平成24年度教育学部 図画工作・美術教育コース 高校生講座「静物を描く」のお知らせ

信州大学教育学部 図画工作・美術教育コースでは、昨年度「市民開放講座」として開講しました公開講座を発展させ、今年度は、美術を学ぶことの楽しさをより広く高校生の皆様に経験して頂けるように、高校生講座として開講致します。
「静物を描く」では、デッサンを通じたより専門的な美術の学びを体験できます。

講 座 名:デッサン「静物を描く」
対  象:高校生―定員20名(申込受付順)
日  程:2012年6月9日(土)13:30-16:30
場  所:信州大学長野キャンパス(教育学部)
     彫刻第1実習室(北校舎1F)及びN301(北校舎3F)
持ち物 :鉛筆デッサン用具(※画板・イーゼルは本学で準備します。) 参加費用:1,000円
参加費用には、次の画材・モチーフ費が含まれています。
教材:キャンバスバック、画用紙、モチーフ(※使用したモチーフはお持ち帰り頂けます。)

http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/education/event/2012/05/2247731.html 参加を希望される方は、事前登録を上記URLから行うか、下記フォーマットをダウンロード、ご記入のうえ次のメールアドレスまでお送り下さい。
フォーマットのダウンロード
koukaied@shinshu-u.ac.jp(@は半角に直してください)

H24 5月19日(土)平成24年度 教育学部 図画工作・美術教育コース 高校生講座「パソコンでつくるポスター」を行いました。

イベントイメージ

2012年5月19日(土)信州大学教育学部(長野キャンパス)にてパソコンを用いてポスターの制作を行う高校生講座を開講しました。
現在、生活の中で見るポスターは、ほとんどのものがパソコンを使用して作られています。しかし、その制作プロセスは一般的に経験することがあまりありません。
当講座は、パソコンを使用したポスターの制作方法の基礎を学ぶことを目的として開講しました。

↓詳細の表示
  • 当日の公開講座の様子はこちら。

Photo

学部改組によるコースへの変更について

この度、信州大学教育学部 芸術教育専攻 美術教育分野は、平成24年度の学部改組に伴い「図画工作・美術教育コース」と変更されました。
平成24年度の学部改組に関わる詳細な情報は次のリンクをご参照ください。
教育学部改組のお知らせ

H23 8月27日(土)平成23年度 教育学部美術教育分野 公開講座「静物を描く」を行いました。

イベントイメージ

2011年8月27日(土)信州大学長野キャンパス(教育学部)にて静物をモチーフとしたデッサンの公開講座を開講しました。
公開講座の内容は、静物画およびデザインにおけるデッサンの必要性についてのレクチャ、そしてデッサンの実技指導でした。
遠方からの参加者もあり盛況のうち終了しました。来年度は6月に開講予定です。

↓詳細の表示
  • 当日の公開講座の様子はこちら。

Photo

平成23年度 教育学部美術教育分野 公開講座「静物を描く」のお知らせ

平成23年度教育学部公開講座「静物を描く」のお知らせ

信州大学教育学部美術教育分野では、高校生を対象とした公開講座「静物を描く」を開講します。デッサンを通じたより専門的な美術の学びを体験できます。

講 座 名:デッサン「静物を描く」
対  象:高校生―定員20名(申込受付順)
日  程:2011年8月27日(土)13:30-16:30
場  所:信州大学教育学部(長野市西長野)
彫刻第1実習室(北校舎1F)及びN301(北校舎3F)
受 講 料:5,400円
受講料には、次の教材費が含まれています。
教材:鉛筆(ハイユニアートセット)、練りケシ、カルトン、キャンバスバック、画用紙、モチーフ
また、教材はお持ち帰りいただけます。

参加を希望される方は、事前登録を下記URLから行って下さい。
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/education/event/2011/07/2643198.html

"異文化交流と普遍性への切望:1908年のピーコックルーム"オンラインセミナーのご案内

イベントイメージ

国立スミソニアン協会フリーア美術館/アーサー・M・サックラー・ギャラリーが主催するオンラインセミナーのご案内
「異文化交流と普遍性への切望:1908年のピーコックルーム」
5月11日(水)午後8時-9時半(アメリカ東海岸夏時間)
字幕付き、日本語での音声同時通訳
オンラインセミナーは一般に無料で公開されますが、参加されるには事前登録が必要になります。
参加を希望される方は、事前登録を下記URLから行って下さい。
http://www.smithsonianconference.org/peacockroom

↓詳細の表示
    • フリーア美術館で開催中の展示会The Peacock Room Comes to America(ピーコックルームがアメリカへやってくる)を踏まえて、この対話型オンラインセミナーでは、ジェームス・マックニール・ホイッスラーの取った手法について考察したいと思います。 彼の名高い室内装飾では、多方向へ向けられた彼の審美眼が複雑に交錯する空間を作り出しました。まず、学芸員リー・グレーザーが、展示の概観をご説明致します。そして、1904年にピーコックルームを購入した、デトロイトの実業家であり収集家であったチャールズ・ラング・フリーアが、この部屋を美的挑戦の場として活用したことをお話します。彼の収集と陳列に関する信条を試す場として、この部屋がどのように使われたかを読み解きたいと考えています。その後、3人の研究者がそれぞれ10分程度で、世界規模での美術品の流通、国際的に共通する後援者の流儀、そして批判的な論考に焦点を当てた発表をいたします。尚、このオンラインセミナーでは質疑応答の時間を設け、聴取者と発表者との討議を行います。

    • 発表者
      リー・グレーザー、フリーア美術館/アーサー・M・サックラー・ギャラリー、学芸員(アメリカ美術担当)

      アラベラ・テニスウッド=ハーベイ、オーストラリア、タスマニア大学「オーストラリアに於けるホイッスラー:異文化間の結びつき」

      パトリシア・デ・モンフォート、スコットランド、グラスゴー大学「アメリカ人による購入:西へ向かったピーコックルーム」

      小野文子、日本、信州大学「東西間における美の対話:ホイッスラーの接点」

    • 賛助者
      このオンラインセミナーは、フリーア美術館/アーサー・M・サックラー・ギャラリーが、テラ・アメリカン・アート財団より寛大な助成金を得て開催するものです。財団は、国内外の観衆が、アメリカ美術を鑑賞・理解・享受 奨励できるよう尽力している団体です。

    • 制作
      ラーニングタイムス

平成22年度 卒業展覧会「信大美術科AISITE!RU」のご案内

イベントイメージ

会期:2011年2月16日(水)-20日(日)
10時-18時(最終日は15時まで)
主催:信州大学教育学部 芸術教育専攻 美術教育分野有志

場所:北野カルチュラルセンター
http://www.kitano-museum.or.jp/cultural/information/index2.html

※入場無料

↓詳細の表示
  • 展覧会内容:
    • ・卒業制作、卒業論文の展示
    • ・卒業展覧会参加者による、共同制作の展示
    • ・共同制作の制作過程の紹介
    • ・制作体験コーナーの設置

H22 4月17日(土)松本市美術館
紙からつくるオリジナル照明ワークショップ

イベントイメージ

2010年4月17日(土)松本市美術館にて、デザイン分野 助教 蛭田直による紙を素材にしたオリジナル照明ワークショップが行われました。
参加者の作られた照明は1週間松本市美術館に展示されました。

↓詳細の表示
    • 紙からつくるオリジナル照明ワークショップ 松本市美術館
    • 日時:平成22年4月17日(土)
    • 会場:松本市美術館/li>

Photo

平成22年 11月30日(月)-12月6日(日) 第11回「美展」

イベントイメージ

「美展」は今年で11目を迎える展覧会であり、教育学部美術教育分野の有志の学生27名が研究室の枠を超え、絵画・彫刻・デザインなど、幅広い分野の作品を展示いたします。是非多くの地域の方々にご覧いただきたいと願っております。

↓詳細の表示
    • 第11回 美展(本展覧会は終了しました。)
    • 日時:11月30日(月)-12月6日(日) 9:00-17:30
    • 会場:信濃教育会館 1F(長野市)
    • 入場無料
    • 主催
      信州大学教育学部 学校教育教員養成課程
      芸術教育専攻 美術教育分野 有志
      〒380-8544 長野市大字西長野6のロ