デザイン 研究室

担当教員:蛭田 直 Hiruta Sunao

 デザイン・構成研究では、多岐にわたるデザイン領域の基礎を学びます。ポスターカラー、水彩絵の具などのアナログの画材を使用した表現から、コンピュータを使用したグラフィックデザインの表現を習得し、社会に必要なデザインの提案を行える力を身につけることを目指します。
毎年長野市の中心街で行う「構成展」の発表などを通じて人の評価を自分のクオリティに反映させていきます。また、様々なデザインワークショップなども行っています。

デザイン分野メインイメージ

デザイン分野 関連講義

デザイン基礎/デザイン実習/メディア表現演習/インターネット表現演習/プロダクトデザイン演習/具象形態演習/視覚デザイン演習/グラフィック演習/デザイン論/メディア表現論/デザイン教育研究/デザイン研究/コンピュータ利用教育G/図画工作基礎D/卒業研究/

特徴のある講義

<メディア表現演習>
 現在、インターネットやゲーム機・携帯ゲーム機・携帯電話などの様々な装置で、映像、音楽、触覚を使用した魅力的なゲームやコンテンツを体験することが出来ます。
 これらの体験には、アニメーションなどの視覚効果が欠かせません。しかし、教育現場ではどのような原理でアニメーションや立体映像などの視覚体験が得られるかを詳しく学ぶ機会は少ないです。
 初期のアニメーションを体感できる視覚装置は、現在でも実際に自分の手で作り体験すると驚きに満ちています。メディア表現演習では、パラパラ漫画やデジタルカメラを使用した映像表現などパソコンを使用しない表現から始まり、デジタルカメラやコンピュータを組み合わせて制作を行う高度なメディア表現の知識と技術を学ぶことで、より深くメディア表現の魅了を子供達に伝えらることを目指しています。

活動の様子