絵画 研究室

担当教員:間島 秀徳 Majima Hidenori(教授)

 絵画では、現代のグローバリゼーションの動向にも対応しながら、絵画、日本画、版画他の分野別の制作を、新たに絵画原理の一環として捉え、支持体から描画材、顔料等の素材論と合わせて技法を学びます。
 絵画基礎では、物の見方を中心に(構成、構造、存在感等)を理解し、人物制作も同様に人体構造も含め、絵画制作に必要な基礎を学び表現との関係を探究します。
 絵画研究活動では、より専門性を高めるために、大作制作を通じて個別の表現の可能性を探っていきます。学外でのコンクールやグループ展にも出品しながら、ギャラリー巡り、スケッチ旅行や地域のイベントやワークショップ等にも積極的に参加することで、制作活動と共に教育活動にも求められるコミュニケーション能力を深めることを目指しています。

絵画分野メインイメージ

絵画分野 関連講義

絵画基礎/絵画実習/絵画色彩論/絵画形態論/絵画研究/絵画人体表現演習/人物画演習/水彩画演習/図画工作基礎/抽象表現演習/版画演習/裸婦絵画演習/卒業研究

特徴のある講義

<絵画研究>
 絵画研究では、大作を自由に制作するための構想段階から完成までのプロセスを体験することで、創作の在り方を学びます。目指すべき絵画に向けて、自身の発想を具体化するための方法を探究します。
 個別の話し合いをくり返す中で、どの様な作品を作りたいのかを掘り下げて考えることに始まり、ドローイング、資料収集を含め下図からの準備段階から素材やサイズを選定し、制作に取り組みます。
 制作活動に並行して、より作画意識を見に付けるために、古典から現代までの作家研究や展覧会レポート等を学生が自主的に発表することで、プレゼンテーション能力を養います。  この機会に時間を掛けて自身の制作に真摯に向き合うことが、卒業制作に向けた重要なステップとなるのです。

活動の様子